自律神経系にアプローチできるのは呼吸だけ

更新日:3月25日

自由にコントロールできない自律神経です。

自律神経は意識的に働くことができません。

自分の意識に関係なく、24時間働いています。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は、人の活動を準備する神経です。

昼間は優位になります。

副交感神経は胃腸管を動かし、

心拍数と血圧を下げて心と体を休める機能があります。

それは夜寝ているかリラックスしているときに働きます。

人はこれらの2つの交感神経と副交感神経を持っているので、私私たちははバランスの取れた生活を送ることができます。

多くの現代人はストレスを感じて交感神経は常に働いている状態ですので、私たちは無意識的にリラックスして、副交感神経の優位性を意識的に作ることはできません。

そこで、呼吸を使うと、この問題を解決できます。

自律神経も呼吸機能に関与しているため、呼吸を通してそれを制御することができます。

多くの人が呼吸の事を理解していません。

吸う事は重要ですが、もっと重要なことは息を吐くことです。

そして、吐ききることも必要です。

呼吸は交感神経であり、吸う事は交感神経であり、

吐く事は副交感神経に関連しています。

ですから、副交感神経を優勢にしてリラックスさせる、ただ吐き出すことにもっと時間を費やす必要があります。

「ゆっくり、薄く、長く息を吐く」ことが重要です。



最後までご利用いただきありがとうございます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「硬水は本当に健康に良いの?」 硬水は体に良いと聞くけど、どの様に良くて、どんな効果が得られるのかわからずに最初の一歩を踏み出せないでいる人が多いです。 しかも、ほとんどが海外からの輸入品だから敷居が高く感じる人も多いです。 この記事では、軟水との違い、硬水の効能、種類、選び方、安い硬水7選等でわかりやすく解説しています。 この記事を読み終える頃には、硬水について試してみたくなるでしょう。 硬水と

私が毎日飲んでる、重曹クエン酸ドリンク。コップ1杯で健康が簡単に手に入ります。 身体の内部から変えれます。私自身で効果実証済みでオススメです。 じつは、重曹は飲むことで体にうれしいいろいろな効果があるんです! 重曹には、体内を健康の状態である「弱アルカリ性」に保たせる効果があるといわれています。 体が不調に感じるときに重曹クエン酸水を取り入れれば、体内のバランスを整えることができます。 飲み方:重

①膝痛や腰痛が起こる 反張膝になると膝が反った状態が続きます。それにより、反った膝は体重を支えるために大きな負担がかかります。 反張膝の原因としては、膝の下肢の筋肉が弱く支えきれなくなるのが多いです。 そのため、反張膝になると下腿三頭筋(ふくらはぎ)が張ってしまいます。 すると、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)にもストレスがかかってしまいます。 その結果、体の後ろの筋肉ばかり張ってしまい骨盤は