偏頭痛予防にはコレ

更新日:3月25日

偏頭痛持ちの方の簡単セルフケア。

おでこのかみの生え際の真ん中から、

頭頂までを片方手の4指で

左右に擦るようにマッサージしていく。

そこは、頭の骨と骨のつなぎ目で、

溜まった老廃物を散らすイメージで軽く擦る。

最初は硬くて痛いかもしれません。

それでも強い力ではなく、軽く優しく、

時間をかけてほぐしていく。

毎日時間を決めてやってみると、凄い効果が得られますよ。

偏頭痛持ちだけではなく、頭が疲れる方、重だるい方、

首肩が凝る方に試して貰いたいです。

これだけではなく、色々とほぐせる場所があります。

頭も身体の一部なので、緩めると全身に波及します。


最後までお付き合いくださいまして、有難うございました

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたの痛みの原因は重心かもしれません。 肩凝りや腰痛の方の多くは、重心が前にあります。 前傾姿勢になっています。 その軸を正常な位置に戻すだけで、痛みが変化するなら、原因は重心や姿勢にあります。 これなら自分の意識次第で改善できます。

今の身体の状態を知ることは重要です。 そして知るために自分に意識を向けると痛みの予防にもなります。 何処に力が入っている。 何処に重心が乗っている。 身体が傾いている。 猫背気味になっている。 足の指先に力が入っている。等々 意識して、感覚を研ぎ澄まさなくても、ちょっと意識を向けるだけで身体が変わります。 リラックスしてTVを見ていると思っていても、足の指先が緊張してたりしてませんか? ちょっとし

たとえ右側に痛みがあっても、その原因が逆側にあることもあります。 施術の際に右側の筋肉を緩める時に、左側の筋肉を使う事もあります。 人間の身体は別々の様で一つに繋がっているということですね。