お腹と胸を正しく使う基本呼吸エクササイズ

更新日:3月25日

胸とお腹を正しく使うことで、

正しい呼吸ができるようになります。

本来同時に動くはずの胸とお腹がチグハグに動く状態を

解消します。

横隔膜への負担が減り、正しい呼吸になります。

= ポイント =

呼吸時に肩が上下したり状態が反ったりしないように

気をつけてください。

= やり方 =

①椅子に座っても、床に座っても、立っていてもOKです。

②胸とお腹に手を置きます。(例 胸に右手、腹に左手)

③一定の高さで前方に膨らむように意識して、鼻から吸う

④胸とお腹が一定の状態で動くことを確認しながら吐く

⑤吸った時の倍の時間をかけてゆっくり細く吐く

これを5回、3セット行います。

ゆっくりと正確に、正しく動いていることを認識しながら

行ってください。

最後までお付き合いくださいまして、有難う御座いました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「硬水は本当に健康に良いの?」 硬水は体に良いと聞くけど、どの様に良くて、どんな効果が得られるのかわからずに最初の一歩を踏み出せないでいる人が多いです。 しかも、ほとんどが海外からの輸入品だから敷居が高く感じる人も多いです。 この記事では、軟水との違い、硬水の効能、種類、選び方、安い硬水7選等でわかりやすく解説しています。 この記事を読み終える頃には、硬水について試してみたくなるでしょう。 硬水と

私が毎日飲んでる、重曹クエン酸ドリンク。コップ1杯で健康が簡単に手に入ります。 身体の内部から変えれます。私自身で効果実証済みでオススメです。 じつは、重曹は飲むことで体にうれしいいろいろな効果があるんです! 重曹には、体内を健康の状態である「弱アルカリ性」に保たせる効果があるといわれています。 体が不調に感じるときに重曹クエン酸水を取り入れれば、体内のバランスを整えることができます。 飲み方:重

①膝痛や腰痛が起こる 反張膝になると膝が反った状態が続きます。それにより、反った膝は体重を支えるために大きな負担がかかります。 反張膝の原因としては、膝の下肢の筋肉が弱く支えきれなくなるのが多いです。 そのため、反張膝になると下腿三頭筋(ふくらはぎ)が張ってしまいます。 すると、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)にもストレスがかかってしまいます。 その結果、体の後ろの筋肉ばかり張ってしまい骨盤は