41、立っているのが辛い方必見。立ち姿勢改善エクササイズ

立っているのが辛い。腰が痛い、ふくらはぎが痛い、身体のどこかに力が入っていて長時間経っていられない方に是非行って頂きたいエクササイズの紹介です。

股関節や骨盤をうまく使って自然に立てる様にする為のファーストステップとなるエクササイズです。

これが出来る様になるだけで、立った姿勢が楽になりますので、是非やってみて下さい。

また、肩痛の原因が骨盤ということもありますので、試してみて下さい。

1、みぞおちの前で両手を合掌し、両肘の幅より少し広めに両足を開きます。

※足の踵が両肘よりも広い間隔がしゃがみやすくなります。

2、背筋を伸ばし、目線はまっすぐ前を見たまま、お尻が踵と踵を結んだ真ん中に来るようにゆっくりとしゃがみます。

※しゃがんだ時に前屈みにならない様に注意します。

※前屈みになった時は、胸を張り、へそを前に突き出して上体を起こします。

※横から見た時に、耳とくるぶしが直線上になるようにします。

※膝はつま先より前に出ないようにします。

3、しゃがんだ状態で、ゆっくりと深呼吸を5∼10回行います。

キツイと感じない程度、痛みが出ない程度で各自で加減しながら行って下さい。

これが出来る様になると自然と立っていられる様になりますので、毎日数回でも続けることをお勧めします。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が毎日飲んでる、重曹クエン酸ドリンク。コップ1杯で健康が簡単に手に入ります。 身体の内部から変えれます。私自身で効果実証済みでオススメです。 じつは、重曹は飲むことで体にうれしいいろいろな効果があるんです! 重曹には、体内を健康の状態である「弱アルカリ性」に保たせる効果があるといわれています。 体が不調に感じるときに重曹クエン酸水を取り入れれば、体内のバランスを整えることができます。 飲み方:重

①膝痛や腰痛が起こる 反張膝になると膝が反った状態が続きます。それにより、反った膝は体重を支えるために大きな負担がかかります。 反張膝の原因としては、膝の下肢の筋肉が弱く支えきれなくなるのが多いです。 そのため、反張膝になると下腿三頭筋(ふくらはぎ)が張ってしまいます。 すると、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)にもストレスがかかってしまいます。 その結果、体の後ろの筋肉ばかり張ってしまい骨盤は