24、肩が痛くて腕が水平以上に上がらなかった症例

3ヶ月前から左腕が水平以上に上がらず、腰も数年前から痛かった人がいました。

腕を横から上げてもらいましたが、肩より上に上げ様とすると痛くて上げられませんでした。

身体を検査してみると、下半身の動きの不具合があり、痛みもありました。そして、そこを調整することで、肩もがる様になりました。痛みもない様でした。

これは、身体が連結して歪みを作っているという分かり易い例の一つです。

今回の場合の原因は、足の指の硬結が原因になっていました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「硬水は本当に健康に良いの?」 硬水は体に良いと聞くけど、どの様に良くて、どんな効果が得られるのかわからずに最初の一歩を踏み出せないでいる人が多いです。 しかも、ほとんどが海外からの輸入品だから敷居が高く感じる人も多いです。 この記事では、軟水との違い、硬水の効能、種類、選び方、安い硬水7選等でわかりやすく解説しています。 この記事を読み終える頃には、硬水について試してみたくなるでしょう。 硬水と

私が毎日飲んでる、重曹クエン酸ドリンク。コップ1杯で健康が簡単に手に入ります。 身体の内部から変えれます。私自身で効果実証済みでオススメです。 じつは、重曹は飲むことで体にうれしいいろいろな効果があるんです! 重曹には、体内を健康の状態である「弱アルカリ性」に保たせる効果があるといわれています。 体が不調に感じるときに重曹クエン酸水を取り入れれば、体内のバランスを整えることができます。 飲み方:重

①膝痛や腰痛が起こる 反張膝になると膝が反った状態が続きます。それにより、反った膝は体重を支えるために大きな負担がかかります。 反張膝の原因としては、膝の下肢の筋肉が弱く支えきれなくなるのが多いです。 そのため、反張膝になると下腿三頭筋(ふくらはぎ)が張ってしまいます。 すると、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)にもストレスがかかってしまいます。 その結果、体の後ろの筋肉ばかり張ってしまい骨盤は