19、身体の歪みと可動性

筋骨格系に歪みが生じると、関節の動きに制限がかかります。そしてこれを一般的に「柔軟性がない」と言われています。

この「柔軟性」ですが、実は身体が柔らかければ良いと言う訳ではありません。人によって、それぞれ自分に合った柔軟性があると言うことを知って頂きたいです。

身体が硬い、柔軟性がない場合でも、痛みや不快感が全くなければ問題はないと言えます。

関節の可動域が広い方が怪我や病気の予防になります。

身体の使い方によって関節の可動域を上げる事が可能です。

施術で身体の歪みの改善を取り、身体の使い方を覚える事で柔軟性のある身体を作る事もできます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたの痛みの原因は重心かもしれません。 肩凝りや腰痛の方の多くは、重心が前にあります。 前傾姿勢になっています。 その軸を正常な位置に戻すだけで、痛みが変化するなら、原因は重心や姿勢にあります。 これなら自分の意識次第で改善できます。

今の身体の状態を知ることは重要です。 そして知るために自分に意識を向けると痛みの予防にもなります。 何処に力が入っている。 何処に重心が乗っている。 身体が傾いている。 猫背気味になっている。 足の指先に力が入っている。等々 意識して、感覚を研ぎ澄まさなくても、ちょっと意識を向けるだけで身体が変わります。 リラックスしてTVを見ていると思っていても、足の指先が緊張してたりしてませんか? ちょっとし

たとえ右側に痛みがあっても、その原因が逆側にあることもあります。 施術の際に右側の筋肉を緩める時に、左側の筋肉を使う事もあります。 人間の身体は別々の様で一つに繋がっているということですね。