6、痛みや不調の要因は様々

日常生活の中で間違った動きをしていると、関節に負担をかけ、その周りの筋肉に緊張を与え、筋肉の凝りや痛み等の不快感が現れ

ます。

悲しんでいたり、怒っていたり、気分が落ち込んでいる人の姿勢を想像して下さい。身体が曲がっていますよね。これらが運動器系に歪みをもたらします。

逆に、健康な正しい身体に戻すには、これらの歪みを修正することが必要です。

人間は、オフィスワーク、肉体労働、家事、子育て、スポーツ、人間関係等、多くのストレスを抱え、歪みの下人となる障害物に囲まれて生きています。

生活のちょっとした変化でバランスが崩れると、途端に身体の痛みや違和感などを感じ、身体の動きが悪くなります。

これが身体の歪みの原因になりますので、ちょっとだからと放置せずにお早めに修正することをお薦めします。

身体のバランスが崩れている時間がなあければ長いほど、身体の悪い動きが連動し、他の箇所にも波及します。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたの痛みの原因は重心かもしれません。 肩凝りや腰痛の方の多くは、重心が前にあります。 前傾姿勢になっています。 その軸を正常な位置に戻すだけで、痛みが変化するなら、原因は重心や姿勢にあります。 これなら自分の意識次第で改善できます。

今の身体の状態を知ることは重要です。 そして知るために自分に意識を向けると痛みの予防にもなります。 何処に力が入っている。 何処に重心が乗っている。 身体が傾いている。 猫背気味になっている。 足の指先に力が入っている。等々 意識して、感覚を研ぎ澄まさなくても、ちょっと意識を向けるだけで身体が変わります。 リラックスしてTVを見ていると思っていても、足の指先が緊張してたりしてませんか? ちょっとし

たとえ右側に痛みがあっても、その原因が逆側にあることもあります。 施術の際に右側の筋肉を緩める時に、左側の筋肉を使う事もあります。 人間の身体は別々の様で一つに繋がっているということですね。