2、歪みの原因は自分

<痛みや不快感お原因は自分自身にある>

<その原因は自分しか知らない>


日常生活の中で、自分が気づかないうちに身体に歪みをもたらし、それを改善しないまま放置しておくと、まずは痛みや不快感のサインを出します。


さらにそれを放置すると、内臓等に様々な機能異常がでます。自分が作った歪みが原因で病気になります。


今の痛みが、子供の頃の怪我が原因ということもあります。


従って、自分の生活習慣も含め、自分自身を振り返ってみることで原因がわかることがあります。


原因を他人や自分以外と考えるよりも、自分の中にあるということで探ることが大切です。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたの痛みの原因は重心かもしれません。 肩凝りや腰痛の方の多くは、重心が前にあります。 前傾姿勢になっています。 その軸を正常な位置に戻すだけで、痛みが変化するなら、原因は重心や姿勢にあります。 これなら自分の意識次第で改善できます。

今の身体の状態を知ることは重要です。 そして知るために自分に意識を向けると痛みの予防にもなります。 何処に力が入っている。 何処に重心が乗っている。 身体が傾いている。 猫背気味になっている。 足の指先に力が入っている。等々 意識して、感覚を研ぎ澄まさなくても、ちょっと意識を向けるだけで身体が変わります。 リラックスしてTVを見ていると思っていても、足の指先が緊張してたりしてませんか? ちょっとし

たとえ右側に痛みがあっても、その原因が逆側にあることもあります。 施術の際に右側の筋肉を緩める時に、左側の筋肉を使う事もあります。 人間の身体は別々の様で一つに繋がっているということですね。